神戸・西宮の相続対策に強い弁護士・法律事務所

  • 0798815965受付時間 平日7:00~夜間
  • 土日夜間も相談対応
  • お問い合わせ

家族信託を弁護士に依頼した方がいい理由

はじめに

当事務所に寄せられたご質問にお答えいたします。

 

最近、知人から家族信託という制度があることを知りました。いろいろと調べているうちに「弁護士に依頼した方がいい」と書いてあるサイトもあったのですが、家族間の契約なのになぜ弁護士を挟んだ方がいいのでしょうか。

 

家族信託は自分の財産の使い道を家族に託すもので、制度としては比較的新しく、まだなじみが薄いかもしれません。だからこそ法律に詳しい弁護士に依頼するメリットがあります。

 

 

家族信託とは

家族信託は、所有する「委託者」が財産の管理・運用を信頼できる家族の誰かに依頼するものです。認知症などで財産を自分で管理できなくなったときや、障害のある子どものため、親の死後に備えたいときなどに利用されます。

 

財産の管理を所有者以外の第三者に任せる制度として「成年後見人制度」がありますが、委託者の財産を投資・運用できなかったり、家庭裁判所に対して定期的な報告義務があったりと、制約が多いのが難点でした。

 

しかし、家族信託は家庭裁判所への報告義務がないだけでなく、受託者が不動産運用や預貯金の管理・処分等を信託目的で自由に行うことができます。他にも、資産の承継が成年後見制度よりもスムーズに行えるなどのメリットも大きく、相続対策として利用する方が増えています。

 

 

弁護士に依頼するメリット

家族間の契約でトラブルになる心配がないにもかかわらず、家族信託を弁護士に相談しながら進めた方がいいのには次に挙げる理由があります。

 

①家族信託について理解を深められる。

先述した通り、家族信託自体がまだ新しい制度で詳しく理解している人が少ないのが現状です。相続に強みを持つ弁護士は、家族制度の概要について十分に熟知しています。ご相談者様から受けた相談内容にしっかりと対応できるので安心して任せられます。

 

最近では家族信託を紹介する専用の書籍なども販売されていますが、ご相談者様が家族信託について一から調べて全体像を理解するのには限界があるかもしれません。相続に詳しい弁護士に話を聞きながら進めた方が、家族信託についてわからないことを気軽に聞けるので、手続きが終了するまでスムーズに進められるのです。

 

 

②契約内容について相談できる

家族信託は、財産の管理・運用の方法を個人で決められる点がメリットですが、契約内容を決めるにあたって、専門的な知識が欠かせません。家族信託の契約内容としては、

①所有者の死後、孫の代まで財産の管理方法を指定する

②所有者が認知症になるまでは本人が管理し、認知症になったときに財産の管理を任せる

③生前から財産の管理を任せる

 

このうち、いずれか1つを選ぶことになります。弁護士に相談すればご相談者様に合った契約内容についてアドバイスを受けられます。

 

 

③相続全般について相談できる

相続に詳しい弁護士は、家族信託に限らず相続全般について幅広い知識があります。遺言書の作成方法や遺産分割など、相続についてわからないことを気軽に相談できる点も弁護士に依頼するメリットの一つでしょう。

 

 

まとめ

家族信託は、厳格なルールのもと信託契約が行われるべきです。家族間で話し合った内容を契約書にまとめるだけでは不備があったり、トラブルに発展したりするおそれもあります。相続に強みを持つ弁護士に相談しながら進めることをおすすめします。

その他のコラム

遺言が取り消される場合とは?NG例を徹底解説

一般的に遺言書は、故人の意志を後世に伝えるものとして、大切に扱われますよね。遺産の相続や分割において強い効力を […]

詳しく見る

相続人調査と遺産調査について

遺産相続するときには、相続人が全員参加して「遺産分割協議」をしなければなりませんが、その前提として「相続人調査 […]

詳しく見る

遺留分減殺請求権の時効について

被相続人の兄弟姉妹以外の法定相続人には「遺留分」という遺産の最低保証額が存在します。遺言書などの内容にかかわら […]

詳しく見る

相続人の一人が所在不明。連絡が取れない場合

遺産の分け方を決める遺産分割協議は、相続人全員の合意がないと行うことができません。しかし、相続人の1人がどこに […]

詳しく見る

相続人調査(戸籍収集)の必要性

相続にはさまざまな手続きが必要ですが、その中でも特に手間や労力がかかるのが「相続人調査(戸籍収集)」だといえま […]

詳しく見る

代襲相続とは?基礎知識と注意点

日本の相続制度には「代襲相続」と呼ばれるルールがあります。簡単にいえば「世代を飛び越えた相続」です。しかし、や […]

詳しく見る

騙された!遺産分割協議書に押印してしまったら,どうしたらいい?

はじめに 亡くなられた方が遺言書を作っていなかった場合,相続人が話合いをして遺産分割協議書を作成することになり […]

詳しく見る

故人名義の口座が凍結されてしまったので解除したい

人が亡くなった場合、故人名義の銀行口座はいったん凍結されてしまいます。そして、口座が凍結されている間は原則とし […]

詳しく見る

相続財産調査とは?タイムリミットはどのくらい?

仮に身内が亡くなったとして、まず何をすべきでしょうか?葬儀の手配や遺品の整理ももちろん大切です。しかし、相続と […]

詳しく見る

相続問題を弁護士に依頼する3つのメリットとは?

話し合いは、身内で済ませるという方が多い一方、何らかのトラブルが発生する可能性が高い「相続」の問題。たとえそれ […]

詳しく見る

早期に全力対応。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

営業時間 平日・土日祝日7:00~24:00(メールは24時間受付可)