取扱業務

Services

弁護士費用

Legal-Fee

弁護士紹介

Profile

アクセス

Access

お問合せ

Contact

0798-81-5965
受付時間:07:00 - 24:00

Contact
Menu

離婚調停に臨む際の心構え

2020-01-08
離婚

離婚が調停で話し合わないといけなくなった場合には、初めてのことで緊張される方も多いと思います。

今回は、離婚調停に臨む際の心構えについて、アドバイスしたいと思います。

離婚調停は、調停委員男女2名の前で自分の見解を話し、離婚成立を目指す話し合いの場です。

原則として、申立人と相手方が同時に調停委員の前に出て話すことはありません。通常は、一人ずつ順番に調停委員と話をします。

その際の注意点ですが、調停委員の心証を不必要に悪くしないことが重要です。

緊張していること自体は悪い印象になりませんが、相手のことを殊更悪く言うのは、良い印象を与えない場合が多いでしょう。

また、相手の主張を聞いて逆上し、自分の考えをガンガンとまくし立ててしまうのもNGです。結婚生活においてもこの人はこんな感じだったのかな、などと想像されてしまいます。

この点、おすすめなのが、あらかじめ、自分の考えを紙にまとめ、前日に簡単なリハーサルをしてみることです。自分の考えをわかりやすく話すのは意外に難しいものです。

ですが、一度練習しておくと、格段にわかりやすさが増します。

調停や調停委員にのまれないためにも、是非、前日のリハーサルをして、自分の主張をわかってもらえるようにしましょう。

 

お問合せ

お電話でのお問い合わせは平日・土日祝日 07:00 - 24:00となります。

関連カテゴリ

関連コラム