取扱業務

Services

弁護士費用

Legal-Fee

弁護士紹介

Profile

アクセス

Access

お問合せ

Contact

0798-81-5965
受付時間:07:00 - 24:00

Contact
Menu

弁護士から見た離婚裁判を有利に進めるポイント

2020-01-06
離婚

今まで200件以上の離婚裁判、離婚調停、離婚相談を受けてきました。
そのような経験上、離婚裁判を有利に進めるポイントをお伝えしたいと思います。

離婚裁判を有利に進めるポイント・・それは裁判官の心証ということになります。
いわば裁判官の価値観、当事者の裁判官に与える印象が重要部分を占めると言えましょう。

裁判は、裁判官一人の心証で判決がでます。裁判官の価値観で勝敗が決すると言えるのです。
裁判官は男性か女性か、年齢は、育った環境は、いったいどんな価値観を持った人物なのか・・。裁判官を知ることが離婚裁判を進めるうえで避けては通れないポイントなのです。

では、裁判官とはどのように接触すればいいのでしょうか。
この点、裁判官と私的に接触するのはまずもって絶対に不可能です。
裁判官と一番身近に話ができるのは和解期日です。
ただ、それまでに訴訟期日を弁護士任せにせず、できるかぎり出廷するというのも一つの方法です。当事務所では、クライアント様の可能なかぎり弁護士と一緒に法廷に出廷されることをお勧めしております。
毎回法廷に出廷されることで、訴訟に熱心かどうか、冷静なタイプか感情的なタイプか、裁判官は必ず見ています。
そして・・これは私独自の見解ですが、毎回法廷に出席し、感情的になることもなく、公正な裁判を求めている者に対して多少の情は湧くのは人間として当然ではないでしょうか。
もちろん、それで勝敗が決することはありません。
裁判官は公正な判断をするはずです。
しかしながら、ほぼ互角の場合などでは、多少こちらに有利な和解案になる可能性はあります。
そして、こちらの人となりを見ていただくことで、裁判官の心証に影響を与えることはゼロではないと思っています。

とにかく、クライアント様のために、できることは全てやりたいと考えております。
離婚裁判で有利になることはすべてやりたいと思っております。
そのために、できるかぎり毎回法廷にご同行いただくことをご提案いたします。

お問合せ

お電話でのお問い合わせは平日・土日祝日 07:00 - 24:00となります。

関連カテゴリ

関連コラム