神戸・西宮の相続対策に強い弁護士・法律事務所

  • 0798815965受付時間 平日7:00~夜間
  • 土日夜間も相談対応
  • お問い合わせ

相続「後」に遺言書が見つかった場合の処理

遺言は、人が自分の死後に備えて行う最終の意思表示のことをいいます。遺言は故人の最後の思いを表したものですので、もし遺言がある場合は原則としてその遺言に従う形で遺産分けが行われることになります。
ところが、いったん相続人同士の話し合いなどで遺産の分け方を決めた後になって、初めて遺言書の存在が発覚した場合はどうでしょうか。
このコラムでは、相続後に遺言書が見つかった場合の処理について解説します。

もし相続の後で遺言書が見つかった場合は?

人が亡くなった後、遺言書があれば、基本的にその遺言内容に従って相続が行われることになります。
一方、特に遺言書を残していない場合は、法定相続や相続人同士の話し合い(遺産分割協議)などによって、遺産の分け方を決定します。
ところが、実際問題として、故人が遺言書を残していたとしてもスムーズに見つかるとは限りません。相続がすべて終わった後になって見つかる、という可能性も十分にありえます。
実は、この場合でも故人の意思である遺言書の内容が優先するというのが原則です。遺言書には時効がないので、もし「遺言書の通りに相続したい」という相続人がいれば遺言書に従って相続をやり直す必要があります。

例外:相続人全員の同意があるケース

ただし、この原則には例外があります。それは「相続人全員の同意がある」場合です。遺産相続では、相続人全員の同意形成というものが非常に重視されます。誰か一人でも結果に不満を持つ人がいると、争いのもとになるからです。逆に、相続人全員が話し合いで納得できる結果となったのであれば、必ずしも遺言書や法定相続に従った相続をする必要はないのです。
たとえば、「故人が亡くなって10年近く経った後で遺言書が見つかった」といったような場合、では「今さら相続をやり直すなんて面倒すぎる」と思う人も多いかもしれません。そして、もし相続人全員がそう思ったのであれば、たとえ遺言書の内容と違った相続結果となっていたとしても、わざわざ相続をやり直す必要はないわけです。

遺言書が見つかったら弁護士に相談を

一方、「もし遺言書に従って遺産相続をもう一度やり直したい」という人がいた場合は、手続きが複雑になりがちです。特に、相続人以外の人への財産の遺贈や隠し子の認知、相続人の廃除などに関する記述があった場合は、相続に関係するメンバーが増減するので話がややこしくなってしまいます。さらに、不動産価格が下落した場合のように遺言当時の財産状況と現状とが大きく食い違い、遺言書通りに財産を分けるのが難しいケースもあるでしょう。
いずれにしても、遺産分割後に遺言書が見つかるという事態は、トラブルを招きやすい状況であることは確かです。必要な手続きをスムーズに進めるためにも、早めに弁護士に相談することをおすすめします。

1183文字

その他のコラム

相続税の節税に必要な2つの視点と具体的な対策

相続税の納税は、遺産相続における大きな節目です。また、準備が早ければ早いほど、効果が大きくなっていきます。不動 […]

詳しく見る

特別受益とは

亡くなった人の財産はいったん相続人全員のものになり、それから遺言書の内容や法定相続などに従って分配されます。 […]

詳しく見る

名義変更の流れ

はじめに    先日、母の四十九日を終えたので、そろそろ名義変更などの手続きを始めようと思います。し […]

詳しく見る

相続財産管理人はどのようなときに必要?

相続財産管理人という言葉を聞いたことがありますか? 普段あまり聞くことがありませんよね。 その相続財産管理人は […]

詳しく見る

遺言執行者に弁護士を選ぶメリット

遺産相続協議では、遺言書が強い力を持っています。ただし、遺言書に記載されている内容を確実に実行できるとは限りま […]

詳しく見る

遺留分減殺請求権の時効について

被相続人の兄弟姉妹以外の法定相続人には「遺留分」という遺産の最低保証額が存在します。遺言書などの内容にかかわら […]

詳しく見る

相続問題を弁護士に依頼する3つのメリットとは?

話し合いは、身内で済ませるという方が多い一方、何らかのトラブルが発生する可能性が高い「相続」の問題。たとえそれ […]

詳しく見る

預貯金・保険・有価証券の解約手続きを知りたい

被相続人が死亡した直後は、葬儀や相続の手配など、さまざまな雑務が発生します。このとき、意外と手間取るのが「解約 […]

詳しく見る

預貯金の名義変更について

はじめに  先日、父が病死し、これから相続や各種名義変更の手続きをはじめるところです。銀行口座について、亡くな […]

詳しく見る

葬儀代の負担で揉めている。誰が払えばいいの!?

はじめに 人が亡くなると葬儀を行うと思います。 遺産分割が争いなくスムーズに行われている場合には,葬儀代をめぐ […]

詳しく見る

早期に全力対応。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

営業時間 平日・土日祝日7:00~24:00(メールは24時間受付可)