神戸・西宮の相続対策に強い弁護士・法律事務所

  • 0798815965受付時間 平日7:00~夜間
  • 土日夜間も相談対応
  • お問い合わせ

相続人の一人が所在不明。連絡が取れない場合

遺産の分け方を決める遺産分割協議は、相続人全員の合意がないと行うことができません。しかし、相続人の1人がどこにいるのかわからない、連絡もつかないといったときにはどうすればよいのでしょうか。
ここでは、連絡の取れない相続人がいる場合の対処法について解説します。

そもそも遺産分割協議が行われるケースとは

遺産分割協議とは「遺産を、誰がどのようにもらうのか」について相続人同士が話し合うことを指します。
故人の遺言書がある場合、法定相続にしたがって相続をする場合は特に行う必要はありません。しかし、遺言書の内容や法定相続とは異なる割合で相続を行うときには必ず必要になります。また、現実的には、そのままの状態だと平等に分けるのが難しい不動産を分けなければならないときも遺産分割協議を行うケースがほとんどです。
遺産分割協議は相続人全員で行う必要があり、誰か1人でも欠けた状態で進めることはできません。そのため、実際の相続の手続きではまず、亡くなった人の戸籍謄本を調べ、法定相続人が誰かを確定させる必要があります。

行方不明者や音信不通の相続人がいるときは?

それでは、調査を進めるうちに、音信不通で居所がわからない、そもそも生きているのか死んでいるのかもはっきりとしない、といった人がいるようなケースはどうすればよいのでしょうか。
この場合、現在集まることのできるメンバーだけで遺産分割協議を進めるためには、一定の手続きを取る必要があります。

不在者財産管理人を選出する

家裁に、不在者財産管理人選任の申立を行うことで、不在の相続人がいても相続の手続きを進められます。
不在者財産管理人は、行方不明になっている相続人の財産を管理してくれる人のことです。不在者財産管理人がいれば相続人が本来相続するはずの財産を預かってもらえるので、たとえ相続人本人が不在であっても相続手続きを進めて構わないということになっています。
ただし、不在者財産管理人には遺産分割協議に参加する権限はありません。参加するためには、別途裁判所への申立・許可が必要です。
なお、不在者管理人については、他の相続人と利害関係のない人を選ぶというルールがあります。実際には、直接的な利害関係のない親戚、弁護士などが選ばれることが多いです。

失踪宣告の申立をする

相続人となっている人が何年も行方知れずになっている、災害や事故などに巻き込まれて生死不明になっていた、といったようなケースでは、家庭裁判所に失踪宣告の申立をするという方法も考えられます。
失踪宣告が認められると、法律上その人は死亡したものとみなされて、相続人から除外されます。

事前の調査・手続きは弁護士に相談を

実際の相続手続きは、まず故人の戸籍などを調べ、相続人を確定するところから始まります。故人が本籍地を転々と変えていたり、家族関係が複雑だったりすると、調査が大変になりがちです。さらに、音信不通の家族や親戚が相続人になっている、といった場合は、より問題は複雑になります。
法律のプロである弁護士なら、こうした相続関係の大変な手続きもまとめて任せることができます。「話し合いがまとまらない」といった問題が発生したときにも対応してもらえるので安心です。

1365文字

その他のコラム

教育資金贈与信託制度の概要と注意点、特別受益との関係

後世に財産をのこすとき、金額に応じて「相続税」や「贈与税」がかかることをご存じの方は多いでしょう。しかし、一定 […]

詳しく見る

相続放棄して誰も引き取り手がいなくなった財産はどうなるの?

相続財産に借金が含まれている場合に「相続放棄」を選択する方法があります。 しかし、全ての相続人が相続放棄を選択 […]

詳しく見る

子どもは未成年。なのに配偶者が亡くなった・・

はじめに 不幸は突然やってきます。 交通事故で突然亡くなってしまうことが世の中にはあります。 子どもが幼いのに […]

詳しく見る

相続税の節税に必要な2つの視点と具体的な対策

相続税の納税は、遺産相続における大きな節目です。また、準備が早ければ早いほど、効果が大きくなっていきます。不動 […]

詳しく見る

特別受益とは

亡くなった人の財産はいったん相続人全員のものになり、それから遺言書の内容や法定相続などに従って分配されます。 […]

詳しく見る

複数の遺言書が見つかった場合の処理

はじめに 当事務所に寄せられたご質問にお答えいたします。   亡くなった父の遺言書が2通見つかりまし […]

詳しく見る

寄与分が認められる場合、認められない場合

相続では、法定相続分や遺留分に応じた「一定割合」の分割がある一方、特に貢献がある人に対しては「寄与分」という別 […]

詳しく見る

遺言が取り消される場合とは?NG例を徹底解説

一般的に遺言書は、故人の意志を後世に伝えるものとして、大切に扱われますよね。遺産の相続や分割において強い効力を […]

詳しく見る

未成年者がいる場合の遺産分割の方法、流れ、注意点

相続において、相続人になるのは成人のみではありませんよね。未成年者が相続人になる可能性も十分に考えられます。た […]

詳しく見る

相続放棄に必要な書類は?続柄による違いに注意

相続放棄は、被相続人の借金など「負の遺産」の相続を回避する手段として知られています。被相続人の遺産を一切受け取 […]

詳しく見る

早期に全力対応。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

営業時間 平日・土日祝日7:00~24:00(メールは24時間受付可)