神戸・西宮の相続対策に強い弁護士・法律事務所

  • 0798815965受付時間 平日7:00~夜間
  • 土日夜間も相談対応
  • お問い合わせ

遺産分割後に発見した財産はどのようにすべき?

はじめに

当事務所に寄せられたご質問にお答えいたします。

 

昨年、母が亡くなった後、相続人である私、兄、弟の3人で遺産分割協議を済ませました。ところが、最近になって母が隠し口座を所有していたことがわかりました。この場合、また相続人が集まって遺産分割協議を行わなければいけないのでしょうか?

 

被相続人の財産目録をもとに遺産分割協議を行ったものの、後になって新たに財産が見つかったというケースは珍しくありません。このようなとき、相続人はどう対応するのがベストでしょうか。

 

 

遺産分割協議を再度行う

結論から申し上げると、改めて遺産分割協議を行うべきでしょう。「また話し合わなければならないのか…」と、面倒に感じるかもしれませんが、相続人にとっては新たに財産が増えることになりますから、再び遺産分割協議を嫌がる相続人はほとんどいないはずです。

 

ただ、協議する内容は財産の重大さや、見つかった経緯によって異なります。

 

①1回目を無効にして遺産分割協議をやりなおす

1回目の遺産分割協議を無効にして新たに遺産分割協議を行います。つまり、ゼロから遺産分割をやり直す方法です。新たに見つかった相続財産が重大で、1回目の遺産分割の内容も含めて協議しなおさなければならないときに行われます。

 

また、相続人のうちの一人が、被相続人が保有していた財産をひそかに占有していてほかの相続人に知らせていなかった場合にも、1回目の遺産分割協議を無効にする方法が採られます。他の相続人は財産目録に記載された遺産がすべてだと思っていた点で「要素の錯誤」があり、遺産分割協議そのものが無効となるため協議のやりなおしが求められるのです。

 

 

②未分割の遺産についてのみ遺産分割協議を行う

1回目の遺産分割協議で決まった配分とは別に、新たに見つかった相続財産に関してのみ遺産分割協議を行う方法です。新たに見つかった相続財産がそれほど高額ではない、または重大なものではないときにこの方法で協議が行われることが多いです。

 

または、1回目の遺産分割協議後に相続した財産を消費または処分してしまい、相続財産を遺産分割前の状況に戻すことができない場合もあるでしょう。そのようなときにも、新たに見つかった相続財産にのみ遺産分割を行う方法が適切であると言えます。

 

 

 

まとめ

遺産分割協議後に未相続の財産が見つかった場合、再び遺産分割協議を行い、相続人を決めるための遺産分割協議を行う必要があります。

 

その際、2回目の遺産分割協議書には、同様の事態を防ぐため「今後新たに見つかった財産は〇〇が相続する」というように、新たに財産が見つかったときの対応について記載すると良いでしょう。

 

万が一、遺産分割後に新たな財産が見つかったときや、相続人同士でトラブルに発展するおそれがあるときは弁護士にご相談ください。当事務所には相続に関するトラブルや相談事に数多く対応してきた弁護士が問題解決までサポートさせていただきます。

その他のコラム

成年後見とは?高齢者の財産管理方法について

だんだんと高齢になってきたら、自分でも財産管理に自信がなくなるものです。また、周囲の子どもなどの立場から見てい […]

詳しく見る

限定承認とは?相続に負債があるときに便利?

相続では、単純に被相続人の権利義務を受けつぐ「単純承認」と、それら一切を拒否する「相続放棄」が有名です。特に相 […]

詳しく見る

内縁の妻に財産を相続させたいけど・・・

はじめに 婚姻届を提出せず,事実上の婚姻関係になっている方がいます。   婚姻しない事情も様々です。 […]

詳しく見る

遺言書を作成する意味と方法

「将来の遺産相続に備えて、遺言書を作成しておこうかなぁ」 そうは言っても、具体的に何のために遺言書を作成するの […]

詳しく見る

生前贈与された財産の取り戻し方とは?

親が自分以外の相続人に生前贈与した財産を、どうにか取り戻したい…。相続の場において、発生しがちなトラブルのひと […]

詳しく見る

葬儀代の負担で揉めている。誰が払えばいいの!?

はじめに 人が亡くなると葬儀を行うと思います。 遺産分割が争いなくスムーズに行われている場合には,葬儀代をめぐ […]

詳しく見る

子どもは未成年。なのに配偶者が亡くなった・・

はじめに 不幸は突然やってきます。 交通事故で突然亡くなってしまうことが世の中にはあります。 子どもが幼いのに […]

詳しく見る

遺言書の種類とオススメの遺言書とは?

遺言書は相続の場で非常に強い力を持っています。ただし、遺言書は「公的な文書」と認められるための条件があります。 […]

詳しく見る

相続問題を弁護士に依頼する3つのメリットとは?

話し合いは、身内で済ませるという方が多い一方、何らかのトラブルが発生する可能性が高い「相続」の問題。たとえそれ […]

詳しく見る

故人名義の口座が凍結されてしまったので解除したい

人が亡くなった場合、故人名義の銀行口座はいったん凍結されてしまいます。そして、口座が凍結されている間は原則とし […]

詳しく見る

早期に全力対応。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

営業時間 平日・土日祝日7:00~24:00(メールは24時間受付可)