神戸・西宮の相続対策に強い弁護士・法律事務所

  • 0798815965受付時間 平日7:00~夜間
  • 土日夜間も相談対応
  • お問い合わせ

騙された!遺産分割協議書に押印してしまったら,どうしたらいい?

はじめに

亡くなられた方が遺言書を作っていなかった場合,相続人が話合いをして遺産分割協議書を作成することになります。

この遺産分割協議書を作らないと,亡くなられた方の銀行口座からお金を引き出したり,所有の不動産の名義を変えることができないのです。

 

騙されてしまった

 

遺産分割協議書は相続人全員の意思の合致により成立します。

作成する際に,騙されたり,強迫されて無理矢理に遺産分割協議書に押印させられたという相談があります。

遺産を全部独占してやろうとか,自分に有利なようにしてやろうと悪いことを考える人が中にはいます。

 

騙されて遺産分割協議書に押印してしまった場合,どうなってしまうのでしょうか?

 

民法96条1項に『詐欺又は強迫による意思表示は,取り消すことが出来る』と記載されています。

詐欺や強迫によって遺産分割協議書に押印してしまった場合,その遺産分割を取り消すことができるということになります。

 

取り消しをすると全部が元通りになるのか

 

相続人のAさんが相続人であるBさんに騙されて遺産分割協議書に押印してしまった場合を考えてみましょう。

 

BさんはAさんを騙して,相続財産の宝石をBさんのものになるように遺産分割協議書を作りました。

Bさんはさっさと第三者のXさんにその宝石を売ってしまいました。

売った後にAさんは騙されたことに気付き,遺産分割協議は取り消すと主張しました。

 

この場合,遺産分割は取り消されたので,Xさんから宝石を返してもらうことが出来るのでしょうか。

 

答えは,第三者のXさんが,詐欺があったことを知っていたかどうかで変わってきます。

 

第三者のXさんが,詐欺があったことを知らなかった場合,遺産分割を取り消しても,AさんはXさんから宝石を取り戻すことが出来ません。このとき,Xさんのことを“善意の第三者”といいます。

もし,Xさんが,詐欺があったことを知っていた場合は,取り消すことが出来ます。

 

詐欺に限っては,相続人間では取り消すことが出来ても,善意の第三者に対しては取り消しの主張が出来ない場合があります。

それは強迫の場合と比べると,詐欺を見抜けなかった落ち度があるとされるからです。

 

まとめ

 

騙されて遺産分割協議書に押印してしまった場合は,“取り消す”ことが出来るといいましたが,実際には単純なトラブルだということの方が少ないです。

他にもいろいろな事情が重なり合っていることの方が多いので,騙されてしまったということであれば,すぐに弁護士にご相談下さい。

 

取り消しができないことも説明した通りなので,早めのご相談が功を奏します。

その他のコラム

相続人の一人が所在不明。連絡が取れない場合

遺産の分け方を決める遺産分割協議は、相続人全員の合意がないと行うことができません。しかし、相続人の1人がどこに […]

詳しく見る

生前贈与された財産の取り戻し方とは?

親が自分以外の相続人に生前贈与した財産を、どうにか取り戻したい…。相続の場において、発生しがちなトラブルのひと […]

詳しく見る

預貯金・保険・有価証券の解約手続きを知りたい

被相続人が死亡した直後は、葬儀や相続の手配など、さまざまな雑務が発生します。このとき、意外と手間取るのが「解約 […]

詳しく見る

複数の遺言書が見つかった場合の処理

はじめに 当事務所に寄せられたご質問にお答えいたします。   亡くなった父の遺言書が2通見つかりまし […]

詳しく見る

未成年者がいる場合の遺産分割の方法、流れ、注意点

相続において、相続人になるのは成人のみではありませんよね。未成年者が相続人になる可能性も十分に考えられます。た […]

詳しく見る

遺産分割調停をするメリットとデメリット

遺言書がない、あるにはあるが内容に問題があるといった場合、遺産の分け方を巡って相続人同士でトラブルになってしま […]

詳しく見る

相続登記を行わないと

はじめに 父が亡くなり、不動産を相続することになりました。ただ、誰の名義にするのかがまだ決まっていません。もう […]

詳しく見る

遺留分減殺請求について

  本来は「法定相続人」の立場になっているので遺産を相続できるはずだったのに、遺言が残されていたため […]

詳しく見る

家族信託を弁護士に依頼した方がいい理由

はじめに 当事務所に寄せられたご質問にお答えいたします。   最近、知人から家族信託という制度がある […]

詳しく見る

遺言書を作成する意味と方法

「将来の遺産相続に備えて、遺言書を作成しておこうかなぁ」 そうは言っても、具体的に何のために遺言書を作成するの […]

詳しく見る

早期に全力対応。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

営業時間 平日・土日祝日7:00~24:00(メールは24時間受付可)