神戸・西宮の相続対策に強い弁護士・法律事務所

  • 0798815965受付時間 平日7:00~夜間
  • 土日夜間も相談対応
  • お問い合わせ

遺言書を作成する意味と方法

「将来の遺産相続に備えて、遺言書を作成しておこうかなぁ」

そうは言っても、具体的に何のために遺言書を作成するのか?と考えると、「よくわからない」という方が多いのではないでしょうか?

遺言書を作成すると、遺産トラブルを避けて希望通りに遺産を次の世代に受け継がせることができるなど、大きなメリットがあります。

遺言の作成について以下のようなお悩みがある方はぜひご相談ください。

 

・遺言を作成したいが、作成の仕方がよくわからない

・遺言を作っておかないと、相続人同士でもめるような気がする

・遺産がどれだけあるのかわからない

 

弁護士に依頼するメリットとは

実際に相続人間でトラブルになった場合に、解決まで尽力します

まず、相続人たちが「遺産分割協議」をしなくてもよくなります。

相続が発生したときに遺言書がなかったら、ケースごとの「法定相続人」が「法定相続分」に従って遺産を相続します。しかし、具体的にどの相続人がどの財産を受け継ぐのかについては、自分たちで話し合って決めなければなりません。その遺産分割協議でもめてトラブルになってしまことがとても多いのです。

遺言書ですべての遺産の分け方を指定しておけば、相続人たちが遺産分割協議をしなくて良いので遺産を巡るトラブルが起こりません。

また、遺言をすると、自分の希望通りに遺産を処分できます。たとえば長男に全部の遺産を受け継がせることも可能ですし、法定相続人ではない内縁の妻や孫などに遺産を残すこともできます。

もしも遺言がなかったら、各法定相続人が法定相続分に従って遺産を受け継ぐだけなので、法定相続とは異なる希望がある場合、必ず遺言書を作成しておく必要があります。

 

 

法律的に無効にならない、有効な遺言書を作成できる

遺言書を作成するときには、無効にならないように、また偽造と言われないように、確実な方法で作成する必要があります。無効になったら意味がありませんし、一部の相続人から「偽造」と疑われた場合には遺言書がトラブルの種になってしまいます。また、せっかく遺言書を作成しても、発見してもらえなかったら意味がありません。

弁護士の立場として、確実な方法で遺言書を作成するには「公正証書遺言」を推奨します。公正証書遺言にしておくと、公証人が公文書として遺言書を作成してくれるので無効になりませんし、偽造とも言われにくいです。また、原本が公証役場で保管されるので、紛失のおそれもありませんし、相続人が検索サービスを利用して見つけることも容易です。公正証書遺言は、その作成には弁護士が携わります。

 

スムーズな遺言作成をしたい方は当法律事務所へ

女性弁護士、女性スタッフが、最初のお電話から親切丁寧に対応させていただき、初動から迅速スピーディに対応致します。

 

当法律事務所では、事件をご依頼いただいた瞬間から、すべての手間を引受け、法律に基づき、適切な法律手続きを開始します。

女性弁護士と女性スタッフによる事件処理で、丁寧かつ迅速な事件処理を心がけております。

お悩みの際はお気軽にご相談ください。

 

解決をスピーディーにすることで、ご依頼者様の精神的負担を軽減し、疲弊を取り除きます。

弊所では、相続問題におけるすべてのお悩みを解決させていただくために奔走致します。相続問題という、一番身近で、一番大変な法律問題を解決するためには、スピーディーな対応と粘り強い交渉力が必要となります。

ご依頼者様の疲弊を取り除くという観点から、弊所は、スピーディーな問題解決をモットーとしております。

 

その他のコラム

遺言執行者に弁護士を選ぶメリット

遺産相続協議では、遺言書が強い力を持っています。ただし、遺言書に記載されている内容を確実に実行できるとは限りま […]

詳しく見る

騙された!遺産分割協議書に押印してしまったら,どうしたらいい?

はじめに 亡くなられた方が遺言書を作っていなかった場合,相続人が話合いをして遺産分割協議書を作成することになり […]

詳しく見る

特別縁故者?内縁関係でも相続することが出来るの?

“相続”という言葉を聞くと,夫(妻),子どもしか関係ないと思ってらっしゃる方が多いと思います。しかし,婚姻届は […]

詳しく見る

相続放棄に必要な書類は?続柄による違いに注意

相続放棄は、被相続人の借金など「負の遺産」の相続を回避する手段として知られています。被相続人の遺産を一切受け取 […]

詳しく見る

相続放棄を行うデメリットとは

はじめに 当事務所に寄せられたご質問にお答えいたします。   私は50代半ばの女性です。子どもに恵ま […]

詳しく見る

胎児に相続権はありますか?

遺産相続では、遺産を受け継ぐ権利を「相続権」、その権利をもつ人を「相続人」と呼びます。しかし、まだ生まれていな […]

詳しく見る

代襲相続とは?基礎知識と注意点

日本の相続制度には「代襲相続」と呼ばれるルールがあります。簡単にいえば「世代を飛び越えた相続」です。しかし、や […]

詳しく見る

生前贈与された財産の取り戻し方とは?

親が自分以外の相続人に生前贈与した財産を、どうにか取り戻したい…。相続の場において、発生しがちなトラブルのひと […]

詳しく見る

故人名義の口座が凍結されてしまったので解除したい

人が亡くなった場合、故人名義の銀行口座はいったん凍結されてしまいます。そして、口座が凍結されている間は原則とし […]

詳しく見る

子どもは未成年。なのに配偶者が亡くなった・・

はじめに 不幸は突然やってきます。 交通事故で突然亡くなってしまうことが世の中にはあります。 子どもが幼いのに […]

詳しく見る

早期に全力対応。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

営業時間 平日・土日祝日7:00~24:00(メールは24時間受付可)

tel.0798-81-5965 メールでのお問い合わせ