神戸・西宮の相続対策に強い弁護士・法律事務所

  • 0798815965受付時間 平日7:00~夜間
  • 土日夜間も相談対応
  • お問い合わせ

成年後見とは?高齢者の財産管理方法について

だんだんと高齢になってきたら、自分でも財産管理に自信がなくなるものです。また、周囲の子どもなどの立場から見ていて、親の財産管理に不安を感じてくることもあるでしょう。

そのようなときには、生前に「成年後見制度」を利用することによって適切に財産管理ができる可能性があります。

以下のお悩みをお持ちの方はぜひご相談ください。

・親に認知症の傾向がある

・年老いた両親が、詐欺にあわないか心配だ。

 

弁護士に依頼するメリットとは

適正な財産管理を行うことにより、身内・親族の方の負担が軽減する。

成年後見制度を活用することにより、認知症などの理由で判断能力が低下して自分では適切に財産管理や身の回りのことができなくなった人のため、第三者が財産管理や身上監護を行うことが可能です。

たとえば高齢になって認知症になったとき、子どもなどが成年後見人になって親の代わりに財産を管理したり、介護ヘルパーを依頼したりデイサービスの利用や施設への入所を決めたりします。

本人が悪徳業者にだまされた場合にも、成年後見人が取り消しをして財産を守ることなどが可能です。

親族間で争いが生じた場合にも、弁護士は当事者として解決に尽力できる。

法定後見を利用したい場合には、家庭裁判所に成年後見人選任の申立をして、後見人の必要性があると認めてもらい、審判が下される必要があります。申立時に後見人の候補者を立てることもできます。

成年後見制度を利用するときには、ご本人の状況や希望に応じた方法を選択する必要があります。親族間で争いが生じた場合には、弁護士がサポートいたしますのでお気軽にご相談下さい。

 

その他のコラム

遺言執行者に弁護士を選ぶメリット

遺産相続協議では、遺言書が強い力を持っています。ただし、遺言書に記載されている内容を確実に実行できるとは限りま […]

詳しく見る

相続人の一人が所在不明。連絡が取れない場合

遺産の分け方を決める遺産分割協議は、相続人全員の合意がないと行うことができません。しかし、相続人の1人がどこに […]

詳しく見る

騙された!遺産分割協議書に押印してしまったら,どうしたらいい?

はじめに 亡くなられた方が遺言書を作っていなかった場合,相続人が話合いをして遺産分割協議書を作成することになり […]

詳しく見る

相続放棄して誰も引き取り手がいなくなった財産はどうなるの?

相続財産に借金が含まれている場合に「相続放棄」を選択する方法があります。 しかし、全ての相続人が相続放棄を選択 […]

詳しく見る

遺留分減殺請求権の時効について

被相続人の兄弟姉妹以外の法定相続人には「遺留分」という遺産の最低保証額が存在します。遺言書などの内容にかかわら […]

詳しく見る

故人名義の口座が凍結されてしまったので解除したい

人が亡くなった場合、故人名義の銀行口座はいったん凍結されてしまいます。そして、口座が凍結されている間は原則とし […]

詳しく見る

事業承継とは?種類とメリットを解説

若年層の減少と超高齢化社会の到来により、日本全体が人手不足にあえいでいます。 このような背景の中、多くの地方企 […]

詳しく見る

相続「後」に遺言書が見つかった場合の処理

遺言は、人が自分の死後に備えて行う最終の意思表示のことをいいます。遺言は故人の最後の思いを表したものですので、 […]

詳しく見る

子どもは未成年。なのに配偶者が亡くなった・・

はじめに 不幸は突然やってきます。 交通事故で突然亡くなってしまうことが世の中にはあります。 子どもが幼いのに […]

詳しく見る

家族信託を弁護士に依頼した方がいい理由

はじめに 当事務所に寄せられたご質問にお答えいたします。   最近、知人から家族信託という制度がある […]

詳しく見る

早期に全力対応。まずはお気軽にお悩みをお聞かせください。

営業時間 平日・土日祝日7:00~24:00(メールは24時間受付可)