解決事例 | 西宮・尼崎の弁護士による離婚法律相談

初回相談無料・土日対応

 0798-81-5965

電話受付時間 7:00~24:00

メールでのお問合せ24時間受付中
  • 性別:男性
  • 年代:30代
  • 婚姻歴:10年
  • 子ども:1人
  • 職業:会社員
  • 担当弁護士:後藤千絵

背 景

依頼者は30代の男性。妻からのモラハラに悩んでおられました。
依頼者は30代の男性です。妻とは恋愛結婚だったということですが、子供を出産した頃から、暴言や時には暴力を振るわれることもあったそうです。
周囲に理解されず、一人で悩んでおられました。

相談内容と弁護士対応

とりあえず別居をするようにアドバイスしたところ、その日のうちにアパートを契約されました。
別居期間は短かったのですが、本人の強い希望で調停離婚の申立てをすることとにいたしました。

結果

意外にも妻はすんなりと離婚に同意し、あとは親権・養育費・財産分与の話になりました。3回の調停で離婚が成立するにいたりました。

この依頼者も、妻は絶対に離婚に同意しないとおっしゃっていましたが、蓋をあけてみると妻も離婚を希望していたとのこと。自分一人で考えているだけでは、埒が明かないことも、第三者に相談し、行動に移すとスムーズに事が運んだりするものです。
早めに相談に来られることをお勧めします。

その他の解決事例

【婚姻費用分担審判に対する抗告事件】月々の婚姻費用が増額となった事例...

相手方は、結婚生活の同居中も一切婚姻費用を支払っていませんでした。モラハラやDVも酷い相手であったため、相手方は別居し、その後、婚姻費用を請求しました。依頼主さまは働きながら、一人で子供を育てていました。 ...

【調停離婚】妻が離婚を突然離婚を切り出してきた男性のケース...

依頼人は30代前半の男性です。突然妻が離婚を切り出し、3人の子どもを連れて実家に帰ってしまいました。 依頼人は、30代前半の男性で、IT企業でバリバリに働いていらっしゃる方です。妻が不満を抱いているのは薄々感じてはいたものの、仕事が忙しく、十分話し合いをすることができない状態でした。 そうしたところ、妻が突然離婚を切り出し、3人の子どもを連れて実家に帰ってしまいました。 ...

〔熟年離婚〕夫の定年退職後に、妻から調停申立て。...

依頼者は60代の専業主婦の奥様でした。 ...

【養育費請求】認知された子供の養育費を調停で請求...

依頼者は、まだ20代の女性です。訳あって未婚の母となり、相手に認知請求をして、生まれてきた子供は無事認知されました。 依頼者は、まだ20代の女性です。訳あって未婚の母となり、相手に認知請求をして、生まれてきた子供は無事認知されました。 ただし、その際に養育費は決めていなかったということで、相手からは一円ももらっていませんでした。 ...

モラハラ夫と離婚調停成立。...

依頼人は、30代の女性で、会社員として勤務しているが、生活を支えるためにホステスのバイトもしているということでした。夫は、妻に家事や子育て一切を任せきり、家計も助けてもらっているにもかかわらず、奥様を認めるどころか、常にダメな人間として扱っていました。ホステスのバイトも夫の希望で始めたのにもかかわらず、子供のためによくないなどどネチネチ嫌味を言い、感謝することは全くしない夫でした。 ...

後になってから後悔しないためにお気軽にご相談ください。

安心の相談体制

ゆっくり相談できる
初回無料相談

離婚に精通した
弁護士が直接対応

平日夜間・土日祝
相談可 ※要予約

完全個室の
相談室

0798-81-5965

電話受付時間 7:00~24:00

24時間Web受付中