慰謝料を高額請求するためのポイントは? |西宮・尼崎の弁護士による離婚法律相談

初回相談無料・土日対応

 0798-81-5965

電話受付時間 7:00~24:00

メールでのお問合せ24時間受付中

慰謝料を高額請求するためのポイントは?

離婚は新しい人生への出発点ともいえます。それだけに、お金の問題はしっかりと解決しておきたいところ。特に慰謝料は、知識を持って対処していかなければ、適切な金額を受け取れないことがあります。では、慰謝料を高額請求するためには一体どのような方法を取れば良いのでしょうか。

そもそも離婚の慰謝料とは?

まず、簡単に離婚慰謝料について解説します。慰謝料は「相手から何らかの迷惑行為、または不適切な行為を受け、精神的な損害を被ったことに対する賠償金」です。離婚では、次のような行為が慰謝料の対象になります。

1.不貞行為(不倫や浮気)
2.物理的、精神的な暴力(DV)
3.無視、嫌味、見下し、貶めなどによって相手を傷つける(モラハラ)
4.セックスレス
5.理由なき同居の拒否

慰謝料とはこれら精神的な苦痛に対する償いと考えて良いでしょう。

離婚慰謝料は2種類

一般的に離婚慰謝料と呼ばれているものには、2つの種類があります。

・離婚原因慰謝料……精神的苦痛を与えられたことに対する慰謝料
・離婚自体慰謝料……離婚によって生活が苦しくなるなど、人生にマイナスの影響がある場合に発生する慰謝料

離婚慰謝料は、この2つの合計によって決まります。

○離婚慰謝料=離婚原因慰謝料+離婚自体慰謝料

離婚慰謝料の相場と高額請求のポイント

離婚慰謝料の金額は、法律で規定されているわけではないものの「50万円から300万円」の間に落ち着くことが多いです。また、財産分与を参考にして金額を決定する場合もあります。ただし、あくまで「相場」ですから、実際には個々で金額が変わってきます。
離婚慰謝料の高額請求においてポイントになるのは、以下の2つです。

明確な証拠を用意する

不貞行為やDVなど、相手側に明らかな非がある場合は、「証拠」が非常に重要です。
例えば、以下のようなものが、証拠として採用されると考えられます。

○DVやモラハラの場合
・傷やケガの写真
・病院から発行された診断書
・公的機関へ相談した記録

○不貞行為(不倫、浮気)
・写真、音声通話の録音
・日記やメモ
・SNSやチャットツールでの会話のやりとり
・親類や知人からの証言

証拠が明確であるほど、裁判所を味方につけやすくなるでしょう。つまり、離婚慰謝料が増額される可能性は高まるでしょう。ただし、ひとつの証拠だけではやや弱いことがありますので、複数の証拠を準備しながら、弁護士の力を借りていくことになります。離婚に強い弁護士なら、複数の証拠を組み合わせながら、裁判や調停を有利に進める材料に仕上げてくれるはずです。

協議離婚(話し合い)を有利に進める

相場を大きく超えるような金額の慰謝料請求では、相手との話し合い(交渉)を有利に進めることも重要です。協議離婚における慰謝料の金額は特に定めがなく、自由です。つまり、双方が納得すればいくらでも慰謝料が積みあがります。

相手が「払う」といえば、相場よりも上の高額請求が成立するのです。しかし、当事者が冷静かつ的確な指摘や、粘り強い交渉を行うことは難しいもの。どうしても感情的になったり、情が沸いたりして、妥協してしまいます。そのため、専門知識とノウハウを持った第三者である、弁護士に依頼することも検討しましょう。

離婚慰謝料の高額請求は弁護士の使い方がポイント

このように離婚慰謝料の相場は、明確に決まっているわけではなく、最終的な金額は人それぞれです。出来るだけ多くの慰謝料を獲得したいのなら、専門家のサポートを受けるのが得策でしょう。

後になってから後悔しないためにお気軽にご相談ください。

安心の相談体制

ゆっくり相談できる
初回無料相談

離婚に精通した
弁護士が直接対応

平日夜間・土日祝
相談可 ※要予約

完全個室の
相談室

0798-81-5965

電話受付時間 7:00~24:00

24時間Web受付中