有責配偶者の基本知識 |西宮・尼崎の弁護士による離婚法律相談

初回相談無料・土日対応

 0798-81-5965

電話受付時間 7:00~24:00

メールでのお問合せ24時間受付中

有責配偶者の基本知識

有責配偶者って一体、どういう意味でしょうか?

簡単に言えば、不倫をした配偶者のことです。

離婚訴訟は、従来、有責配偶者からの離婚請求を認めませんでした。

不倫をして、配偶者を裏切り婚姻生活を破綻させた者が離婚請求をするのは人道上認められないというのが理由です。

しかし、昭和62年9月2日最高裁判決により、一定の条件のもとで、不倫をした有責配偶者側からの離婚請求を認めるようになりました。

つまり、夫婦関係がすでに長い間破綻しており、一定の事実があるのであれば、「破綻主義」の考え方をとり、離婚を認めるとしたのです。

なお、不倫相手も、不倫をした配偶者と連帯して慰謝料を支払う義務を負います。

これを共同不法行為と言います。

 

後になってから後悔しないためにお気軽にご相談ください。

安心の相談体制

ゆっくり相談できる
初回無料相談

離婚に精通した
弁護士が直接対応

平日夜間・土日祝
相談可 ※要予約

完全個室の
相談室

0798-81-5965

電話受付時間 7:00~24:00

24時間Web受付中