取扱業務

Services

弁護士費用

Legal-Fee

弁護士紹介

Profile

アクセス

Access

お問合せ

Contact

0798-81-5965
受付時間:07:00 - 24:00

Contact
Menu

面接交渉が認められないケースは?

2017-06-18
離婚

面接交渉権とは、子供に会う権利です。

原則として、面接交渉権は親ならば当然に持っている権利で、親権者または監護者となった親が、親権者または監護者とならなかった親に対し子供に会うことを拒否することはできません。

ただし、子供の利益や福祉に反すると裁判所が判断した場合には、この面接交渉権に制限を加える場合があります。

具体的には、どんな場合に制限が加えられるのでしょうか?

・親権者または監護者となった親や子供に暴力を振るったりした場合

・支払い能力があるのに養育費を支払わなかった場合

・子どもの精神状態に悪影響を及ぼす恐れがある場合

・親権喪失事由(著しい不行跡)がある場合

以上のような場合には、家庭裁判所は面接交流権を制限したり、全く認めないケースもあります。

お問合せ

お電話でのお問い合わせは平日・土日祝日 07:00 - 24:00となります。

関連カテゴリ

関連コラム