公正証書遺言が有効となる要件とは(相続)

公正証書遺言が有効となる要件とは

公証人が、2名以上の証人立会のもと、遺言者が遺言内容を公証人に口述し、公証人が口述内容を筆記し、公証人が筆記したものを遺言者及び証人に読み聞かせ、公証人、遺言者、証人が署名・捺印していることです。

紛争防止として、一番お勧めするのは、この公正証書遺言です。

公証人が、きちんと本人確認を行い、作成しますので、不正が行われたという主張をされることがなく、紛争防止に一番適しています。