【調停離婚】専業主婦の妻が浮気をしていた夫に慰謝料400万を請求した事例

依頼者は、専業主婦の女性です。浮気をしていた夫から離婚調停を申立られました。

性別:女性
年代:30代
婚姻歴:10年
子ども:1人
職業:専業主婦

担当弁護士:
後藤千絵

背景

依頼者は専業主婦の女性です。夫が浮気をしていた上に、発覚すると勝手に家を出て行き、離婚調停を申立ててきました。

相談内容と弁護士対応

当初はショックで何も考えられないといった状態でしたが、やはりこのままでは終われないということで、依頼をされました。

結果

財産分与の対象となるような財産はなかったのですが、結果的に慰謝料400万円で話がつきました。生活を立て直す費用としては十分だとおっしゃられ、喜んでいただきました。

相手が離婚を望んでいる場合には、一般的な相場よりも高額な慰謝料で解決できるケースがあります。すべてのケースにあてはまるわけではありませんが、弁護士に早めに法律相談をして、今後の方針を決めるのがいいと思います。