【調停離婚】妻が離婚を突然離婚を切り出してきた男性のケース

依頼人は30代前半の男性です。突然妻が離婚を切り出し、3人の子どもを連れて実家に帰ってしまいました。

性別:男性
年代:30代
婚姻歴:10年
子ども:3人以上
職業:IT企業勤務

担当弁護士:
後藤千絵

背景

依頼人は、30代前半の男性で、IT企業でバリバリに働いていらっしゃる方です。妻が不満を抱いているのは薄々感じてはいたものの、仕事が忙しく、十分話し合いをすることができない状態でした。 そうしたところ、妻が突然離婚を切り出し、3人の子どもを連れて実家に帰ってしまいました。

相談内容と弁護士対応

当初は、依頼者は妻に裏切られたショックで茫然とされておられました。 ただ、子供たちに会う権利は確保したいという思いが強く、面会交流の申立てを含め、離婚全般の依頼をされました。

結果

奥様が高額な慰謝料と財産分与を求められていたせいで、なかなか調停での話し合いも進みませんでした。半年ほど硬直状態が続いていましたが、向こうが根負けしたのか、当初の請求よりかなり減額した金額で離婚することができました。もちろん面会交流も月に1度以上という条件を確保することができました。

男性からの離婚相談も多くなっています。仕事があるので遅い時間しか相談に来れないという方も多いようです。当事務所は、遅い時間帯の相談も積極的にお受けしております。 早期にご相談に来ていただければ、打つ手も変わってきます。 一度、早めに無料相談に来られることをお勧めいたします。