【調停離婚】モラハラ夫に妻から離婚調停を申立てた事件

依頼者は40代女性。長年夫のモラハラに苦しめられてきました。

性別:女性
年代:40代
婚姻歴:20年
子ども:2人
職業:派遣

担当弁護士:
後藤千絵

背景

依頼者は、主婦業のかたわら、派遣の仕事をしている40代の女性です。 長年夫のモラハラに耐え忍んできましたが、同窓会でかつての友人に再会したのをきっかけに、自分の人生をやり直そうと決意しました。

相談内容と弁護士対応

依頼人の希望は、一刻も早く離婚をしたいということ。 別居もまだの状態でした。 その後、別居を経て、離婚調停を起こすことにしました。 モラハラの証拠も十分にありました。

結果

結果的に半年で調停が成立し、離婚することができました。

今回は思いのほかスムーズにいったケースです。 長年我慢してきたが、これからは自由だと、満面の笑みで感謝していただけました。 弁護士をやっていて、本当によかったと思える事件でした。