【子の引き渡し】連れ去られた未成年者を取り戻した事例

性別:女性
年代:30代
婚姻歴:3年
子ども:2人
職業:専業主婦

担当弁護士:
後藤千絵

背景

ご主人と別居後、離婚調停中の面会交流で、ご主人が未成年者を連れ去りました。

相談内容と弁護士対応

すぐに保全処分をしてほしいということで事務所にお越しいただきました。翌日、保全処分等を裁判所に申し立てました。

結果

申立が認められ、お子さんたちは依頼人の元に戻ってきました。

依頼人の迅速な行動が功を奏したといえます。当事務所も、最優先で取り組みました。