【協議離婚】夫の不倫で離婚。慰謝料500万円を取得したケース

性別:女性
年代:30代
婚姻歴:6年
子ども:なし
職業:公務員

担当弁護士:
後藤千絵

背景

夫が20代女性と不倫をしていました。不倫相手の女性に慰謝料請求をしましたが、お金がないので払えないとの一点張りで、実際に無職でした。

相談内容と弁護士対応

依頼者は、信じていた夫が20代そこそこの女性と不倫をしていたことにショックを受けていました。

しかも、不倫相手の女性に慰謝料請求をしても無職なので払えないと言っており、埒があきません。

ただ、依頼者としては、夫と離婚するにしても、慰謝料はきちんと取りたいとのことでした。

結果

夫と粘り強く交渉をしたところ、夫から慰謝料500万円を支払ってもらうことになりました。

依頼者としては、慰謝料500万円があれば、今後の再出発の資金となるということで、了承しました。

粘り強く交渉したのがポイントです。少し時間はかかりましたが、依頼者は弁護士を信頼して、辛抱強く待っていてくれました。お互いの信頼関係が功を奏したケースです。