〔不倫慰謝料請求と協議離婚〕浮気相手と元夫に慰謝料500万を請求した事例

性別:女性
年代:40代
婚姻歴:3年
子ども:なし
職業:麻酔科医

担当弁護士:
後藤千絵

背景

相談に来られたのは、40代の麻酔科医の方です。不妊治療をしていましたが、そのせいもあり、夫とは溝ができていました。

そんな中、夫が看護師と浮気しているのが発覚しました。

相談内容と弁護士対応

まずは浮気相手に慰謝料請求をしました。

その後、夫に対し、離婚を申し出ることにしました。

夫と浮気相手は共同して、慰謝料を支払う旨を申立てきました。

結果

クライアントの方は、夫に対してはあきれ果て未練もないということでしたので、離婚する方向で進めました。

夫と浮気相手は同じ代理人を立てたため、比較的話が早く進みました。二人あわせて500万円の慰謝料を支払うということで、クライアントも納得し、離婚届を提出するに至りました。